どうも!かずパパです。

小さい怪獣のかいたん(現在1歳3ヶ月の息子)が可愛くて仕方のない毎日を過ごしています。

 

可愛い息子の成長の記録とともに、働きながら子育てに励むイクメン(自分で言うな)の様子を綴っていけたらと思います。

 

 

 

臨月に入り、妻のお腹もかなり大きくなっていました。

定期検診では、

「子宮口は少しずつ開いてきているのに、頭が下がってきていないね。もしかすると帝王切開かもしれません。」

と言われていたので、妻も

「下に降りろ〜」

と念じながら長時間の散歩をしていました。

 

出産予定日の約2週間前。

 

定期検診の日。

普通分娩か帝王切開か判断するとのことだったので、私も仕事終わりに妻と一緒に産婦人科に行きました。

 

すると。。。

 

産婦人科のセンセー
ん〜。今日このまま家に帰らせるのは危険だから、今日帝王切開だね〜。

かずパパ&妻
えええぇぇぇえええEEEEEEEEFFFー!!??
今日、、、ですか!?

 

 

となったわけですよ。

 

そりゃあ仕事終わって、産婦人科ついたら、

「あなた今日から父親ね!」

って。。。

 

 

今日から俺は!!

 

 

今日から俺は「ツッパリ!」じゃなく「チッチオヤ!」父親!!??

 

 

いや〜。

ひっくり返っているセミを触ろうとした時に、急に「ぎょええええー!!」って鳴き出された時も、

肩を トントンッ って叩かれて振り向いたら、テラフォーマーズのゴキブリで、「じょじょ!」って言われた時も、全く驚かなかった私がつい驚いてしまいましたわ!!

 

 

私なんかより、妻の方が驚いているし、不安なのに。。。

と我にかえり、入院のことを話しだすセンセーに耳を傾ける。

 

 

かずパパ
ふむふむ。なるほど。
今からすることは、
1. 一旦家に帰って、事前に用意していた入院セットを持ってくる。
2. 家でサッとお風呂に入り、綺麗な体で戻ってくる。
3. ONE PIECEのサンファンウルフは、インペルダウンよりも大きくないのか!?について考える。
4. お互いの両親に、緊急帝王切開になったことを連絡する。
。。。etc

 

 

 

と、頭の中を整理して、いざ出発っ!!

 

帝王切開手術まであまり時間がないため、大急ぎで用意をすまし、産婦人科へ戻りました。

 

そこで、看護婦さんが、

看護婦さん
帝王切開手術に立ち合いますか?

かずパパ
え!?
帝王切開って立ち合えるのですか?

かずパパ
帝王切開で立ち合いって、血とか見えたりとか、無理無理無理無理〜。。。

看護婦さん
で、どうしますか?
立ち合いますか?立ち合いますよね?

かずパパ
ノータイムでの選択か。。。
くぅぅぅぅうう。

かずパパ
も、、、もちろん立ち合いますっ!!

 

 

帝王切開で立ち会えるとは知らなかったので、めちゃくちゃくちゃくちゃビックリ。

しかも、考える時間さえもらえず、、、笑

 

痛みにめっぽう弱いかずパパですが、妻もそれ以上に頑張るのです!

そして、新たな命が誕生する瞬間に立ち会えるのです!!

 

「え〜マジ無理〜!マジ卍〜!」

 

とギャルになってる場合じゃありません。

 

 

 

診療台で横になっている妻の不安を少しでも和らげようと、手を握りながら他愛もない話をしていると、間も無く手術が始まるとのこと。

 

 

かずパパの妻 妊婦

 

 

「一緒に頑張ろうな!」と言い手術室へ。

 

 

続きは次回の記事へ

 

おすすめの記事