かいたん 新生児

どうも!かずパパです。

 

パパになった日①はこちら

 

いよいよ、帝王切開です。

まさか立ち会えるとは思っていなかったので、ドキドキドキンちゃんです。

 

妻が先に手術室に入ってからしばらくして、看護婦さんから渡された医療用の防護服に着替えます。

 

そして手術室に案内されると、

産婦人科のセンセー
じゃあ、奥様の頭付近に座って見守ってあげてくださいねー。
写真や動画の撮影もOKですよー。

かずパパ
さ、、、撮影OKなんですか!!?

 

とまさかの撮影OKとのこと。

 

出産という奇跡の瞬間に立ち会えるだけでも最高なのに撮影OKなんて、撮らないわけにはいかない!

 

産婦人科のセンセー
では手術をはじめますー。メス取ってー。

と、よくテレビで見る手術がはじまりました。

(産婦人科のセンセーは、気さくで面白い方なので、少し緊張感のない感じでしたが。笑)

 

 

妻の頭付近で座って見守っていると、

産婦人科のセンセー
全然喋ってくれてもいいからねー。
いっぱい話しかけてあげて、奥様を安心させてあげてねー。

 

と言ってくれましたが、手術中にどんな話をしていいのかと困惑。笑

もうすぐ赤ちゃんの顔が見れるねー。名前どうしよっかー。とか、とりあえず心が落ち着くように声をかけていました。

 

 

そして、その時が来たのです!

看護婦さん
もうすぐでてくるよー!
はい、頭でてきたー!

 

と同時に、妻のお腹から頭がひょっこり。

全身を持ち上げた瞬間、「オギャーオギャー」と全力泣き。

(もちろん、その瞬間も動画に収めました!)

 

もうね。感動ですよ。

 

アルマゲドンのラストシーンもめちゃくちゃ感動して、涙を流してしまったけど、

それとは比べものにならない、何にもかえることのできない感動がありました。

 

つい1、2時間ほど前に

「血とか無理〜!!暴力はんたーい!!」

とか言っていた自分に腹が立つくらい。

 

全国の旦那さん!いや、全米の旦那さん!

出産の立ち合いは絶対にするべきですよー!!

 

何度も検診でエコー写真などを見るたび宇宙人にしか見えず、自分の子供という実感がなかったのですが、お腹からでてきて、一生懸命に泣いている姿は本当に感動で涙が出てしまいます。

 

かいたん 新生児

↑産まれてすぐのかいたん

 

 

ここで私は退室したのですが、妻は帝王切開中に[子宮筋腫]が見つかったそうで、そのまま子宮筋腫の切除手術を続行。

 

この子宮筋腫を見つけるために、かいたんはわざと骨盤に引っかかって、帝王切開へ導いてくれたのかな?

って思っています。

 

 

無事手術を終え、入院する部屋で家族3人ごたいめーん!!

 

かいたん 新生児

 

mechakucha可愛いぃぃぃいいい!!!

 

よく、

「赤ちゃんって可愛いかー??」

「顔クシャクシャやん」

「正直に言うとブサイクじゃない??」

とか思うじゃないですか?

 

私もずっとそう思っていました。

かずパパ
赤ちゃんってみんなガッツ石松みたいな顔してるよなー。
でも可愛いーって言っとかなあかんし。。。

 

って思ってたのですが、実際見て、

 

か、、、可愛いぃぃぃぃいいいひひひひ♡

 

ってなりましたわ。はい。今まですんません。

 

何が可愛いって、顔そのものじゃなくて、ちゃんと呼吸をしたりたまにあくびをしたり、一生懸命に生きているんです!

 

”可愛い”というよりも、”愛おしい”に近い感情ですね。

 

 

かいたん、無事産まれてきてくれてありがとう!

妻も頑張ってくれてありがとう!そして、本当にお疲れ様!

 

 

子育ては思い通りにいかないことばかりだろうけど、それを楽しんでいきたいと思います。

 

 

にしても、産まれたてやのに髪の毛フサフサやなぁ。

私も妻も髪は剛毛なので、剛毛のサラブレッドやったなぁ。

 

 

これからはかずパパの育児や教育などについて、かいたんの成長とともに書いていきますので、気長に見ていってくださいねー!

 

ではまたっ!

おすすめの記事