吃音で悩んでいる人は、周りに打ち明けられないことが多いです。私もその一人です。

だけど、”どうにかして吃音を治したい”と思っているのではないでしょうか。

 

かずパパ
吃音さえなければ、どれだけ人生楽しいだろう。。。
仕事や人間関係、プライベートなど、何も悩まずに生活できる。
ただただ普通に話すことができるようになりたいなぁ。。。
常々、そう思っています。(吃音じゃなければ、それはそれで色々と悩むんだろうけど。。。)
誰にも相談できないから、インターネットで以下のことをよく検索していました。
  • 「吃音 治る」
  • 「吃音 治し方」
  • 「吃音 病院」
  • 「吃音 障害者手帳」
  • 「吃音 治療」
同じ吃音の方のブログなどを読んで、同じ悩みの人もいるんだと思いながら、少し気を紛らわせていたり。
「吃音は治ります!!」とか「吃音を克服しました!」と書いている記事があるたび、心を踊らせて読んでも、結局怪しい商品サイトに誘導されるだけ。

かずパパ
結局商品への誘導かよ!
記事を読んで、希望の光が見えたと思った気持ちを返せよっ!!
と思っては、また期待して記事を探しては読んでしまう。
”吃音は治る”と書いている記事は、つい読みたくなってしまうんです。
そのくらい、吃音に悩んでいるのです。
結局、自力で治すのは無理だと感じ、病院に行って診てもらおうと考えました。
私は大阪に住んでいるので、
「吃音 病院 大阪」「吃音 病院 関西」
などと調べて、出てきた病院をいくつか問い合わせてみても、
「こちらでは子供の吃音しか取り扱っていません。」
「吃音の専門の先生はいません。」
と、言われてしまいます。
ある病院に問い合わせると、
「吃音は精神的なものなので、まずは精神科に診てもらってください。」
とも言われました。
いざ病院で診てもらおうと思っても、どこに行ったらいいか分からない。。。
大人の吃音を専門的に診てくれる病院って少ないんだと思うと同時に、まだそれだけ社会的に認知されていないのかと思い、どこにも頼ることができないという絶望を感じることもありました。
その時は、まだ誰にも相談していない時期だったため、一人で調べては問い合わせをしていました。
問い合わせの電話でも吃音の症状が出てしまうので、電話をするのも億劫になっていました。
吃音で悩んでいる方は、私と同じくどこの病院に行ったらいいのか。ということにも悩んでいる人も多いと思います。
ただでさえ吃音で辛い思いをしているのに、なんで病院探しにも悩まないといけないんだ、とよく思っていました。
そんな中、2つの病院(診療所)に行き、現在、そのうちの1つの病院に通っています。
それぞれ、目的が違う病院(診療所)だったので、それぞれどのような用途で通院したら良いかなど、今後書いていこうと思います。
吃音とどのように向き合っていきたいかで、診てもらう病院も変わってきます。
それぞれ合った治療や克服の仕方、吃音との付き合い方ができるように、私の経験を綴っていきますので、ご参考にしていただければ幸いです。
ではまたっ!
おすすめの記事