初めまして。かずパパです!

6つ年上の奥さんと、1歳の男の子(小さい怪獣)との3人家族です。

今はとある大学で事務職員として働いています。

 

私は小学校の低学年から今に至るまで、吃音に悩まされながら生きています。

吃音って何?という方もいるかもしれません。

『どもる』というと、イメージがつく方も多いはずです。

 

「こ、こ、こ、こんにちは」など、言葉の最初の音を繰り返して発音するのが、一般的によく知られているかと思います。

 

実は吃音には、下記のように3つの症状があります。

 

  1. 「連発」:はじめに説明した、言葉の一部を繰り返してしまう症状
  2. 「伸発」:「こーーんにちは」といった、言葉の一部を伸ばしてしまう症状
  3. 「難発」:「………。こんにちは」といった、最初の言葉が全く出なくなってしまう症状

私は、3つの症状すべてに当てはまります。

具体的に説明すると、あ行は「難発」、か行、た行は「伸発」、な行は「連発」という感じです。

 

 

吃音で一番辛いのは、吃音に理解がない人があまりに多いということです。

 

 

見た目では、吃音かどうかなんて全く分からないですし、話していて吃音の症状が出ると、

「ゆっくり話してくれていいから!」

「もっと落ち着いて話して!」

と、緊張している、慌てて話していると勘違いされてしまうだけです。

 

最初の言葉が出ない「難発」の症状がでた時は、伝えたいのに言葉が出ないので、

話すことすらできなくなってしまいます。

 

吃音者は、ゆっくり話そうとしても、どもってしまうんです!

そうしないと、話すことができないんです!

 

かずパパ
自分が吃音症だと言って、まわりが理解してくれたら、どれだけ楽だろうか。。。
いつもこう思いながら過ごしています。
私は、本ブログを通じて少しでも多くの人に『吃音』を理解していただきたい、また、吃音で苦しんでいる方が本ブログを見て、一緒に頑張っていこうと思ってもらえれば幸いだと思っています。
これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

おすすめの記事